コラム 景品表示法 景品表示法 薬機法 薬機法(旧薬事法)

「ダイエット」「美肌」サプリ、健康食品での流行りの表示、違反事例

美容健康サプリの販売会社の方で、法律の監視がシビアになり、「いつ刺されるか」と頭を抱える方が急増。

 

2018年以降、消費者庁・行政が、本気で広告表現の取り締まりを始めました。それで、「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品業界の広告では、今までのようなバカ売れ、攻めた表現ができません。

 

ですので、商品LPの制作をして、広告を出しても、修正が必要になることが多い。何がダメなのわからないため、ダメそうなとこを調べては修正。そして、広告を再度出するのだが、それでもダメ。再々度ダメなとこを調べるという流れをひたすら繰り返す。

 

正しく違反事例を理解すれば修正の回数も激減します

 

この記事では、正しい知識を持ってLP制作をして、罰金や販売停止を回避するため、「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品でありがちな、実際にあった違反事例をご紹介していきます。

 

違反事例を3分で理解していただくために、下記の順番でご紹介していきます。

  1. 健康食品にはどの法律の知識が必要なのか?
  2. 法律の違反事例を回避するために、特に注意する知識、知っておかなければいけない人はだか?
  3. 実際に「ダイエット」「美肌」サプリでアウトになった違反事例
  4. 最後に、広告を出した時の落とし穴ををご紹介します。

「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品の広告表示、表現に自信がない方は、会社を守るため役立ててください。

 

「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品にはどの法律の知識が必要なのか?

意識すべき法律は以下の3つです。

意識する3つの法律

  • (薬機法)
  • 景品表示法
  • 健康増進法

※ 厳密にいえば健康食品は薬機法(旧薬事法)に該当しません。絡めて覚えることで、攻めることができる表現の範囲が理解できます。

いやいや、今からそんなに覚えられないよ。

 

法律関係は、言葉の表現が非常にめんどくさいし、覚える量が多すぎますよね。何より薬機法だけでなく景品表示法、健康増進法、3つの法律を短期間で覚えるなんてムリムリ。時間の無駄。と思いますよね。

 

安心してください。全てを覚える必要はありません。過去の違反事例の傾向、共通点から、全てを覚えず、大事なとこだけ覚え、サクッと対策できるようにしました。

 

2013年以降の違反事例、そして最近多い違反事例の傾向と共通点から学び、3つの法律を覚えず、違反表示があるか?違反表示がないか?がわかるようになります。

 

次は「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品で、法律を覚えず、対策ができるようにする、「気をつける『3つの〇〇しない』ざっくり三原則」をお伝えします。

 

3つの『〇〇しない』ざっくり3原則

ざっくり3原則

  • 医者専門の領分に踏み込まない!
    (「治る」「改善する」を連想させるような)
  • ウソは言わない!
    (虚偽・誇大・二重価格表示)
  • 〇〇がアップするものではない!
    (某ドラゴン冒険ゲームのような”すばやさの種””力の種”のような能力アップさせるものではない)

もちろん、この3原則が全てではありません。

 

簡単に言ってしまえば、健康食品は、薬でも漢方でもありません。薬や漢方でもないので、医者や医療が絡む表現の範囲に制限があります。

 

「効く」「治る」「改善する」といったイメージさせるものは違反となる可能性が、2018年以降高くなりました。

 

競合、他社がやってるし、このくらいなら大丈夫と思って、安易に売れる表現のマネをすると、違反になることも多いので、マネをせず、正しく攻めることをオススメしています。

 

過去の違反事例をいくつか知っておかなければ、正しく攻めることもできません。まだ薬機法、景品表示法、健康増進法の知識がゼロに近くいのに、自力で制作をされる方、下記の制作担当者さんは、まずはざっくり3原則をうまく活用してください。

 

通販の「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品で、回避する知識が必要な人

特に気をつける必要がある人たち

  • 商品販売主
  • コピーライター
  • 広告・制作担当者
  • ASP(広告媒体)
  • アフィリエイター
  • 美容健康系ライター

非常に注意すべき人が、外注コピーライターです。

 

コピーライティング的に、目の前にあるスイッチを押せば、「痩せる」「モテる」「可愛くなる」ことができる。今までの苦労がウソのように、ワンクリック、購入ボタンポチっ!っとすれば最短で、愛、夢、希望、光り輝く未来が簡単に!今ならお得に手に入る!という表現をしたいです。

 

よくある表現が「〇〇するだけ」、「なかったことに」、「通常価格〇〇円が特別価格〇〇円に」。

 

しかし、消費者庁の監視レベルが上がったので、過去の違反になる表現を知らなければ、残念ながら失敗をします。今後、『強い訴求』を意識して、コピーの王道テクニックを使うと、即アウト!罰金!課徴金!販売停止の可能性も十分あります。

 

では、実際に違反事例となった、よく見かける広告表現をご紹介します。

 

過去、実際にダイエット、美肌サプリで違反となった表現をご紹介

※画像は消費者庁の資料より抜粋

「ダイエット」サプリ、健康食品でよくある広告表現の違反事例

  • 「運動量は変わらないのに遂に出産前のスタイルに!」
  • 「たとえば、脂肪1kg(約 7,000kcal)を燃やすにはこ んな運動&食事制限が必要なんです。」
    「ウオーキング約 63 時間!」「平泳ぎ約 13 時間!」「絶食約7日!」「こんな に?できない!」
  • 「そこで注目したいのが人が本来持っている“メラメラ 力!”という名の力!」
    「そうです!このメラメラ力!をサ ポートすれば本来の力をぐんぐん高めることが出来るので す!!」
  • 「今までにない スッキリ・・・・の理由とは!?」
    「新成分ガセリ菌SP配合!!」「新成分ガセリ菌SPが強力にダイエッターを襲う!! あなたをモテボディ に!!」
  • 「甘いものは我慢したくない!という方にオススメ!
    糖質完全サポート成分ギムネマをたっぷり配合! 砂糖は人間 が働くためのエネルギーとしてとても必要な成分ですが、摂 り過ぎてしまうと脂肪として蓄えられます。糖質は脂肪より も先にエネルギー源として代謝されるので、砂糖をたくさん摂ってしまうといつまでも脂肪がエネルギーに変わりません。」
  • 「ネバネバパワーと燃焼力で、強力なスッキリ感!」
  • 「16kg も痩せて、お腹ウエスト スッキリ!」
  • 「超低カロリーだから、無理な食事制限なし!1日1杯で OK!」
  • 「ムリな食事制限なしで 12kg 体重減!」
  • 「私のダイエットはもうキツイ我慢なし!」
  • 「油っこいものもお好きなだけ、どうぞ召し上がってくだ さい。様々な機関で食事で摂り過ぎたアブラの吸収を抑える と発表されている成分、キノコキトサンが、アブラを徹底ガ ード。さらに、ダイエット素材のリーンガードが、既に体に ついてしまった余分なアブラもすっきりとさせて、スリムを徹底的にサポートしてくれるんです。」
  • 「カロリー制限も激しい運動も無しで、ダイエットが目指せますね。」
  • 「食べたこと、なかったコトに!?」
  • 「3大パワーでオールクリア!『あまい』も『こってり』 も『どっしり』もまとめて○○○」
  • 「これらの自然植物が、糖分・脂質・炭水化物のカロリー をサポート。」
  • 「ダイエット中の“食べたい”気持ちをちから強く応援します。」
  • 「飲むだけ簡単!脂肪燃焼専用サプリ ○○○」
  • 「3大脂肪 中性脂肪 内臓脂肪 皮下脂肪 を3種の脂肪燃焼専用サプリで徹底燃焼」
  • 「余分な脂肪は1g(グラム)だって残さない!」
  • 「このサプリで失敗した人は 1,000人中たった1人だけ!」
  • 「えっ!?普段・ ・ の ・ 食事 ・ ・ のままで・・・!!」
  • 「食べたカロリーを!!今までにないダイエット」
  • 「今までのダイエットサプリでは実現出来なかった『普段 の食事ダイエット』を実現。」
  • 「たったの3ヶ月で理想の姿に!!」
  • 「寝ている間に勝手にダイエット!?」
  • 「寝る前に飲むだけで努力なし!?」
  • 「以前着ていた洋服もこんなにブカブカ!」
  • 「私たちはたった1粒飲んで楽ヤセしました!!」
  • 「食べ たカロリー・溜まったカロリーなかったことに・・・」
  • 「運動も食事制限も続かな~いという方は必見!!!」
  • 「飲めば飲むほ 32 No 指導の内容どに脂肪細胞が次々と破壊されますので一度に何杯もの摂取は本当に危険です。」
  • 「特にお腹周りと下半身は面白いように落ちていきます!!」
    「約3個使用で 39.9kg(キログラム)まで一気に落ち ます!!」
  • 「肥満やメ タボ解消にもう炭水化物を我慢しない!」
    「食べてもなかったことにする? 糖質ダイエッ ト!」
  • 「減量&運動嫌いでも、細くて無駄のない凸凹マッチョな肉体のモテる男を≪細マッチョ!メンズダイエット」」
  • 「1日3~4粒!あの頃のように自慢の マッチョを」
  • 「酵素を効率よく補給すると代謝酵素量が増え、日常生活を変えずにダイエットが可能です。」
  • 「まだ、1食を酵素ドリンクに置き換えてしんどいダイエットをしますか?」
    「1日2~3粒のカプセルを飲む ダケ飲んだ翌日から充実の日常が始まります」
  • 「運動も食事制限も続かな~い。という方、必見!しっか り食べてもスッキリダイエット!!」
  • 「ダイエット成功者 続々!既に 10 万人のダイエッターが実感!?」
  • 「ほんの一 粒・・・まさか、ここまで「実感できる」とは思ってなかっ た・・・。」

法律の視点から見れば、「〇〇ダケ」「なかったことに」は景品表示法的にアウトになることが多いです。

 

ダイエット、飲料系、健康食品

  • 「ポリフェノール含有日本一のお茶」
  • 「国民生活センターポリフェノール含有食品358銘柄商品テスト結果より」
    「ポリフェノール含有量(100g あたり)」「○○茶 5420mg」「○○茶 5410mg」「赤ワイン 250mg」「コーヒ ー 168mg」
  • 「毎日のお茶を○○○にするだけで体脂肪が減る!!」
  • 「血中の中性脂肪が半減! 腎臓周辺の脂肪が13%減少! 血糖値が30%低下!」

プーアル茶でのダイエット訴求は違反事例が多くあります。販売主さんは、消費者庁からマークされ、罰金を払うことなく、販売、売上に影響がでないよう注意してください。

 

美容、飲料、

  • 「○○○パワーウォーター○○○『薬用高○○水』+『素粒子○○水』」
  • 「驚きの不思議な水! ビックリ!即、美白肌に!・・・《様々な病気が改善され!元気に若返ります!》」

水やお茶などでダイエットや美肌を訴求する際は、違反事例が出やすいので注意が必要。

 

※記事内、違反事例参照「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について 」https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/160630premiums_8.pdf

広告を出した時の落とし穴

yahoo、googleで広告を出しますか?

 

yahoo、googleで広告を出す際、勘違いされる方がいます。

 

”広告審査が通れば、法律の表現は大丈夫”と思っている方は、いますぐLP、広告を見直すことをオススメいたします。

 

なぜなら、yahoo、googleの広告審査と消費者庁、行政の審査の基準は違うからです。yahooやgoogleの審査に通って長く運用していたとしても、違反表現認定されてしまえば消費者庁からマークされ、罰金、課徴金の対象になります。

 

最近WEBに対する取り締まりだけでなく、インターネットを使わないオフライン、地域に配るチラシへの取り締まりレベルも強化、非常に厳しくなっているので、バレないだろうと思って甘くみることはできません。

 

まとめ:「ダイエット」「美肌」健康食品は「ざっくり『〇〇しない』3原則」で売上げを伸ばす

薬機法、景品表示法、健康増進法を今から覚えるのは大変です。専門知識の強い方に任せるなり、アドバイスをもらうなりするのが楽です。自分で解決したい場合は、まず「ざっくり『〇〇しない』3原則」を覚えてください。

「ざっくり『〇〇しない』3原則」のポイントは医者の領分に入らなず。虚偽、誇大表現をせず、〇〇がアップするものではないとう感じです。

 

違反事例の傾向と同じ表現、近い表現、医者の領分にあると消費者庁が判断した場合、アウトになります。今回ご紹介した違反参考に、アウトになることなく、長く売り上げ続ける人気商品のLP、広告が制作できるといいですね。

 

追伸

餅のことなら餅屋。水のトラブルのことなら、何でも屋ではなく、水道専門の業者。美容健康の健康食品を扱うコピーライターも専門知識が必要な時代です。

「ダイエット」「美肌」サプリ、いわゆる健康食品の商品販売LPでお困りではありませんか?広告japanは薬機法、景品表示法の広告サポートをしています。お気軽にご相談をどうぞ。

広告(LP・HP・チラシ)表現でお悩みの方へ

無料相談実施中!
毎月10限定)

お試し無料相談してみる

※添削は一部のみ無料で相談可能です

-コラム, 景品表示法, 景品表示法, 薬機法, 薬機法(旧薬事法)
-, , , , , ,

© 2021 広告Japan